車のランプと買取金額

車のランプと買取金額

車には、当然ですがランプが付いています。ランプは、車の査定金額には影響があります。

 

まずランプの破損は、もちろん買い取り金額に影響を及ぼします。ランプが破損していなければ特に買い取り金額には問題ありませんが、破損しているとマイナス査定になります。

 

しかしランプが破損していても、修理はするべきではないと思います。修理代金の方が高くなってしまうケースが多いので、たとえランプが破損していてもそのまま査定を依頼する方が良いと思います。

 

それと、そもそもランプの破損はそれほど大きな影響は無いようです。確かに査定金額には影響を及ぼすのですが、少なくともエンジンルームの破損や錆などに比べれば査定金額に大きな影響は無いようです。ただ破損していればマイナスになるという点は、ちょっと押さえておいた方が良いと思います。

 

逆に、ランプによってはプラス査定になるものがあります。HIDランプと呼ばれるものです。そのタイプのランプは比較的最近できたもので、特徴は2つあるそうです。

 

HIDランプは、比較的広い範囲を照らしてくれます。広範囲を照らしてくれれば、夜道の安全度も高まる事でしょう。であれば買取業者にとっては、HIDランプ付きの車などはメリットが大きいと思います。ですのでそのランプ付きの車の場合は、査定額もやや高めになると思います。

 

またHIDランプの場合は、消耗する電力も比較的少ないそうなのです。消耗する電力が少なければ、その分燃費も少なくなる事でしょう。車の維持費を抑える事にもつながりますので、やはり買い取り業者としてはHID付きのランプは高く評価するでしょう。
パッソ 買取

 

このような状況ですので、車買取ではランプはそこそこ大事なパーツなのかなと思います。