車査定の前にコンパウンドで洗車傷を消す

車査定の前にコンパウンドで洗車傷を消す

コンパウンドというツールは、車にとって大事な役目を果たしているものだと思います。そのツールを使えば、こすり傷程度は取れてしまう事が多いからです。

 

ところでコンパウンドは、洗車とも関係があります。車を綺麗な状態に保つためには、洗車は大事なポイントですね。自力で洗車を行う事もあれば、ガソリンスタンドなどで洗車を行ってもらう事もあるでしょう。

 

その洗車には、1つ問題点があるのです。何度か洗車を繰り返していると、車の表面に傷が付いてしまうことが多々あります。いわゆる洗車傷ですね。そして傷は、車を売る時にはとても大事なポイントになってきます。

 

車の表面に色々な傷が付いていますと、買取金額は下がる傾向があります。洗車傷が車のあちこちに見られますと、それが買取金額に影響を及ぼす場合があります。このため車を売る側としては、「洗車傷が残っていると金額が下がってしまわないか」が不安になりますね。実際、確かに下がります。

 

ではどうすれば洗車傷を解消できるかというと、それが冒頭で申し上げたコンパウンドです。前述のように軽いこすり傷程度でしたらコンパウンドで落とせるケースが多いのですが、それは洗車傷も同様です。その傷も、コンパウンドで落とす事ができるのです。このため査定を依頼する前にその傷が気になるようであれば、コンパウンドを用いて車の傷を消しておくのも一法でしょう。
シエンタ 買取

 

ただし、敢えて洗車傷はそのままで車査定を依頼する方法もあります。というのも洗車傷程度でしたら、車の買取業者はそれほど重視しない事も多いそうです。洗車傷も大事ですが、それよりももっと別の点が査定では重視される事が多いそうです。つまり洗車傷は、買取金額を「大幅」にダウンするものではない訳ですね。

 

しかしもしも傷が気になるようでしたら、コンパウンドでそれを消しておくというスタイルで良いと思います。